ウーマン

乾燥肌は美肌の天敵になります|怠らないサプリ摂取が大切

血糖値を整える方法とは

服用

血中のブドウ糖と反応してつられるヘモグロビンa1c、この数値を減らしていくためには食生活や生活習慣を改善していくことはもちろん、サプリメントを使った方法を取り入れるのがおすすめです。より手軽に病気予防、健康的な体作りが可能になるのです。

詳しく見る

肝臓の働きを助ける

錠剤

オルニチンはアミノ酸の一つでもともと体内に存在します。肝臓でアンモニアを尿素に分解する重要な役割があるほか、新陳代謝を促したり、肝機能をサポートしたりする効果があります。食物から毎日とることは難しいので自分にあったサプリメントで摂取することがお勧めです。

詳しく見る

上手に取り入れて体調改善

カップル

更年期には様々な体調不良に悩まされる人がいます。このような症状の改善には婦人科などを受診するほかに漢方を利用する方法があります。自身の体質に合わせて漢方を飲むことで、更年期の緩和につなげることができるため、まずは薬剤師などに相談してみましょう。

詳しく見る

爪や髪も乾燥する

女性

生活習慣も抑えたケア

乾燥肌の悩みは粉吹きやガサガサした肌質などで、潤い不足は顔や身体に現れるものの、爪や髪にも影響を与えます。タンパク質は髪や爪などを育てるために必要な栄養素ですが、構成成分・美容成分・サポート成分を配合しているサプリを利用することで乾燥による折れや割れ、傷みなどを集中ケアできます。乾燥した肌や爪などには、ケラチン加水分解物やコラーゲンペプチド、ビタミンCやEやB12などがアプローチしてくれます。また、サプリに頼るだけではなく、乾燥させない生活習慣のポイントを抑えておくことも大切で、暖房を使う時には加湿器を利用するなどの湿度を下げない工夫や、こまめな水分補給も忘れずに摂り入れたい内容です。またクリームなどで外側からの十分な保湿ケアも怠らないようにすることで乾燥肌は改善できます。

サポート成分がポイント

乾燥肌の重要な潤いを保つ役割は、表皮の角質にある細胞間脂質の主成分であるセラミドの役割が非常に大きく、細胞同士をくっつけて肌に潤いを蓄えてくれます。セラミドは健康補助食品であるサプリから補うことができ、外的刺激に弱い乾燥肌を健やかな肌として守ってくれる特徴も持ち合わせています。強い紫外線を浴びたり、年齢を重ねたりすることで乾燥を引き起こしやすく、カサカサしたりゴワつきやすいのも特徴です。サプリには、保水力の高い潤い成分だけに着目するのではなく、水との吸収の良い水溶性プラセンタやコエンザイムQ10、ヒアルロン酸などの豊富な美肌サポート成分を摂り入れ、肌の保湿機能をバックアップさせることも必要です。